実行

トイレというのは、犬が自分から同じ場所でオシッコなどをする行為です。

このしつけに関しては、出来るだけはやくきっちりと実行する必要があるんです。

犬が吠えるといったトラブル行動に対するしつけ方法でクリッカーのようなしつけグッズを上手に使い、褒美をあげる行為をやりながらしつけトレーニングをしてはどうでしょうか。

子犬の時期がしつけたいならば最も良い時期だろうと思います。

まあ、年を重ねて成長期を終えた犬よりも、幼い犬の方がしつけやすいのは、常識だと言えます。

もしもあなたがトイレとは異なるしつけでご褒美の何かを犬にあげている場合、トイレをしつける行為がほぼ完ぺきになるまで、当面はご褒美をやるのはよして欲しいと思います。

上下関係を柴犬は本能的にしっかりと理解します。

ご自分のペットに遠慮を見せたり、犬を優先させたりということをしないようにして、愛犬のしつけなどをちゃんと実践してください。

普通ならば本気でしつけを実践すれば、きっとミニチュアダックスフンドみたいな可愛い愛犬は、飼い主にしっかりと反応してくれるんです。

投げ出さないでやり遂げましょう。

子犬の時期は何かを求める「要求咆哮」が大半と言えます。

ところが、行き過ぎのしつけをしてしまうと威嚇して吠えるようになることもあるみたいなので、気をつけてください。

 

犬が騒ぐのしつける

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です